“咳込”の読み方と例文
読み方割合
せきこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
父は長い間、を煩つてゐた。小男でせた父が咳込んで来ると、少し前かがみになつて、何だかおの皮でもれるやうに咳込むのがいかにも苦しさうであつた。
念珠集 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
と同時におきみは急に咳込み、苦しさうに首を振つた。と、その口から、パツと眞赤なものがほとばしり出た。それはから胸へさつと掛つた。——おきみはつひに喀血したのである。
天国の記録 (旧字旧仮名) / 下村千秋(著)
呟いて、一頻咳込む。
柳生月影抄 (新字新仮名) / 吉川英治(著)