“句碑”の読み方と例文
読み方割合
くひ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
されば一といへども人これを句碑に作りて不朽ふる事今句碑のあらざる国なし。吟海幸祥詞林福禎文藻に於て此人の右に出る者なし。
七、軽井沢芭蕉句碑あり。「馬をさへながむる雪のあしたかな」の句を刻す。これは甲子吟行中の句なれば、名古屋あたりの作なるべし。それを何ゆゑに刻したるにや。
病牀雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
されば一といへども人これを句碑に作りて不朽ふる事今句碑のあらざる国なし。吟海幸祥詞林福禎文藻に於て此人の右に出る者なし。