“句塚”の読み方と例文
読み方割合
くづか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新茶屋に、馬籠の宿の一番西のはずれのところに、その路傍芭蕉句塚の建てられたころは、なんと言っても徳川のはまだ平和であった。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
伏見屋金兵衛の記念として残った芭蕉句塚までが、その木曾路の西の入り口に、旅人の目につく路傍の位置に彼を迎えるように見えている。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
例の路傍にある芭蕉句塚も雪にぬれている。見知り越しな亭主のいる休み茶屋もある。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)