“句調”の読み方と例文
読み方割合
くちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分のを突っつきながら、「なぜあいつに対して、そう改まってるんです。元から知ってる間柄じゃありませんか」と冷笑すような句調で云った。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そんな際にも巡査の句調を改めないで、失敬するよなんていってるんです。よっぽどのすわった奴ですね。
盗難 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
と、私は前から玉村の知りあいのような句調でたずねた。
私はかうして死んだ! (新字新仮名) / 平林初之輔(著)