“口惜紛”の読み方と例文
読み方割合
くやしまぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此の事が世間へ知れては外聞にもなり、殊に恋のかなわない口惜紛れに、両人を殺したんであろうかとも存じます
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
ともすると、口惜紛れに蹈みにじった枝が跳ね反える拍子に旨く足をわれて、かすみに懸った小鳥のように宙に釣られたまま、踠けば踠く程手足が利かなくなって
黒部川奥の山旅 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
一同御呼出になり御尋ねありし時は一向に其場へ面出もせず夫ゆゑ今にりも立ず不實と云ふもりあり御前の在家さへ知れなば文右衞門の身分は直樣りが立御免のあるに相違なししきは市之丞殿と女心の一※に口惜紛れに市之丞へ喰付呉んとするゆゑにお梅はれて茫然たりしがマア/\御新造樣其所を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)