“叢淵”の読み方と例文
読み方割合
そうえん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このところ実に錚々たる人材がおのずから叢淵をなして来た観があったが——その中に、また一人の本多弥八郎正信が帰り新参としてえたのを見ると
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
らばすなわち、今の日本政府を日本国民一種族の集合体として、この集合体ははたして徳義の叢淵にして、ことに百徳の根本たる家の私徳を重んじ、身の内行を厳にして
読倫理教科書 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
儒者文人の叢淵即ち不品行家の巣窟とも名づくべき悪風を成し、遂に徳川を終わりて明治の新世界に変じたれども、いわゆる洒落放胆の気風は今なお存してまず、かの洋学者流の如き
日本男子論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)