“取残”の読み方と例文
旧字:取殘
読み方割合
とりのこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こんな事件が続いてある、市郎は暗い岩穴の底に取残されて、救いの人々の来るのを待っていた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
そうしたない追憶にるのは、お前のために取残されているタッタ一つの悲しい特権なのだ。お前以外に、お前のそうした痛々しい追憶を冷笑しる者がどこに居るのだ……。
木魂 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
いが済んで何もも一段落を告げると、夫人を死に導いた別荘は見るのも嫌だと言って、その年のうちに取りつぶさせ、一人取残された喜田川三郎氏は、野心も、功業も、名誉も