“双林寺”の読み方と例文
読み方割合
そうりんじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
康頼は、東山双林寺の山荘で、世を捨てた生活を送りながら、「宝物集」を書いた。
「おれは、西塔双林寺にいる妙光房浄峨というものだが」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
双林寺独吟千句
俳人蕪村 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)