“半田”の読み方と例文
読み方割合
はんだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
をたべてしまった椿にも、が三つ四ついたじぶんの海蔵さんは半田んでいる地主へやっていきました。
牛をつないだ椿の木 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
知多木綿」はその半島の半田が中心地で、地面の上に広げて天日す様は見ものであります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
潮湯治(海水浴のこと)に名古屋から来る客は、たいてい汽車で半田まで来て、半田から知多半島西海岸の大野や新舞子まで人力車でゆられていったもので
おじいさんのランプ (新字新仮名) / 新美南吉(著)