“剽気”の読み方と例文
読み方割合
ひょうげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は日頃よりも機嫌もうるわしく、折々、剽気れなど云いながら悠々各陣地をてあるいた。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
酒など飲むと、舞をよくするし、剽気たところがあって、おもしろい男だというので、頼朝にひき留められ、この配所に、もう半年の余も懸人になっている暢気な男だった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「いやいや堺の塗師で、杉本新左衛門という剽気た男でおざる。刀の塗りをよう致すので、人呼んで、そろりといい、いつか、それが姓のようになって、曾呂利新左衛門と、みなが申しおる」
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)