“剽盜”の読み方と例文
新字:剽盗
読み方割合
おひはぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「だから、殺したのは、お菊をよく知つて居る者の仕業だ。流しの剽盜や、あまり口をきいた事もないやうな人間のしたことぢやねえ」
今度は小田卷直次郎に強請られて、剽盜まで働いて金を貢がなければならなかつた——と思ひ込んだ。
剽盜泥棒ならあきらめて歸るがよからう。此通り無祿の浪人者だ、一文も持合せがない。その上年こそ取つて居るが、拙者は腕が出來て居るぜ。ハツハツハツハツ」