剽盜おひはぎ)” の例文
新字:剽盗
「だから、殺したのは、お菊をよく知つて居る者の仕業だ。流しの剽盜や、あまり口をきいた事もないやうな人間のしたことぢやねえ」
今度は小田卷直次郎に強請られて、剽盜まで働いて金を貢がなければならなかつた——と思ひ込んだ。
剽盜泥棒ならあきらめて歸るがよからう。此通り無祿の浪人者だ、一文も持合せがない。その上年こそ取つて居るが、拙者は腕が出來て居るぜ。ハツハツハツハツ」
辻斬や剽盜は憎いが、こんなに手を燒かせるのは、餘つ程惡智惠の廻る奴だらう、——待てよ、何だつて小田卷直次郎を殺したんだ、——小田卷直次郎は辻斬ぢやねえ
「この小田卷直次郎が、辻斬や剽盜をかくまつて居るとでも言ふのか」