“写山楼”の読み方と例文
読み方割合
しゃざんろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしその効能はおそろしいもので、素寒貧の書生は十年ならずして谷文晁写山楼もよろしくという邸宅の主人になりました。
雨瀟瀟 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
写山楼画学斎、その他の号は人の皆知る所である。初め狩野派の加藤文麗を師とし、後北山寒巌に従学して別に機軸をした。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
その屋敷を写山楼と名付け、そこへ集まる人達はいわゆる一流の縉紳ばかりで、浮世絵師などはお百度を踏んでも対面することは困難しかった。
北斎と幽霊 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)