“冗官”の読み方と例文
読み方割合
じょうかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その後出雲氏は蘇我氏に出入し多くのったが、蘇我氏亡びて親政となるや冗官を廃する意味においてち官途を止められた。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
しかるに論者は一方においては冗官すべし、不急の土木を廃すべし、地税を減ずべしと疚痛惨怛、かのが歴山の野にによってみ、旻天に号哭したるがごとく嘆訴すれども
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
いかなる地位も、冗官も、位階も、正当に得られた権利も不当に得られた権利も、利益ある変説も、有利な背反も、都合よい自己弁解も、すべてを安んじて食い得ると思う喜びを得るものです。