“円頂黒衣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
えんちょうこくい50.0%
えんちょうこくえ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
円頂黒衣赤心を表わし、一、二度は妾が東京の寓所にも来りし事あり、また演劇にも「島津政懺悔録」と題して仕組まれ、自ら舞台に現われしこともありしが、その如何になりけん
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
武名の高い坂東武者の熊谷直実、名も、蓮生房とあらためて、あの人がと思われるような柔和な相をして、円頂黒衣のすがたを、信徒のあいだに見せているのも眼についた。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)