“公知”の読み方と例文
読み方割合
きんとも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いらい大塔ノ宮をみる目に、一ばい女の異常をぎすます。——すると事ごとに、周囲の言も、いとこの公知が知らせてきたことも
中山忠光卿や、姉小路公知卿や、岩倉具視卿あたりもその仲間でありましょう。ここに現われた高村卿なるものも、多分その一人であろうと思われる。
大菩薩峠:23 他生の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
多くの公卿たちの中でも聡敏の資性をもって知られた伝奏姉小路少将(公知)が攘夷のにわかに行なわれがたいのを思って密奏したとの疑いから、攘夷派の人たちから変節者として目ざされ
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)