“元兇”の読み方と例文
読み方割合
げんきょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平中は、老人を不幸にれた元兇は自分であり、老人は何もそのことを知らずにいるのだと思うと、何と詫び言を云ってよいか分らないのであった。
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
おだまりなさい。罪悪の元兇。——世の罪悪のともいえる身をもって、奉行越前守に、左様な言を吐かるるこそ、不遜千万です。身のほど知らずです。——越前守はここに、捕縄十手を
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
秀吉は、大恩ある故主信長公の遺子、神戸どのを、自滅させ、今また、信雄どのへ弓をひき、常に、武門を騒がせ、庶民を禍乱に投じ、自己の野望をとぐるために、手段をえらばぬ元兇である。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)