“優婆夷”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うばい75.0%
うばゐ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
絢爛な色彩の古画の諸仏、羅漢比丘比丘尼優婆塞優婆夷、象、獅子麒麟などが四壁の紙幅の内から、ゆたかな光の中に泳ぎ出す。
秘密 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
「如来在世の仏会よりもすぐれて清浄ならん結界をば、われらねがふべきにあらず。」仏弟子の位は第一比丘、第二比丘尼、第三優婆塞、第四優婆夷である。仏弟子第二の位は転輪聖王よりも貴い。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)