“仏慈悲”の読み方と例文
読み方割合
ぶつじひ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから某宗の管長某師は蟹は仏慈悲を知らなかったらしい、たとい青柿を投げつけられたとしても、仏慈悲を知っていさえすれば、猿の所業を憎む代りに、ってそれを憐んだであろう。
猿蟹合戦 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)