“今吾”の読み方と例文
読み方割合
こんご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今後するところは士族に固有する品行のなるものを存してこれを養い、物をすの古吾を変じて物を造るの今吾となし、も商工のて士族の精神に配合し
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)