“人輪”の読み方と例文
読み方割合
ひとわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
石燈籠の前には二十人ばかりの人が輪をつくっていた。そこには一枚の藁莚せて覆うてあるものがあった。彼は人輪の間にはさまってのぞいた。
雀が森の怪異 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
にわかごしらえの水独楽まわしの太夫、いでや、独楽をまわそうとしてはでな口上をいったはいいが、ひょいと人輪のなかの浪人と六のすがたを見て
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そのあいだも人輪の肩ごしに、眸は、演舌している法師のすがたへ射向けていた。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)