“人子”の読み方と例文
読み方割合
ひとっこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
作「静かにたって、大丈夫人子一人通らねえ土手下の一軒家田や畑で懸隔って誰も通りゃアしねえから心配ねえよ」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)