“乳屋”の読み方と例文
読み方割合
ちちや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
別荘へは長男が朝夕二度の牛乳を運べば、青年いつしかこの童と親しみ、その後は乳屋主人とも微笑みて物語するようになりぬ。
わかれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
葬式の五日目に、話題に上った上祖師ヶ谷の行衛不明の兵士の消息を乳屋が告げた。兵士の彦さんは縊死したのであった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
深川の乳屋も知ってる人と見え、やあとあいさつして遠慮もなくあがってきた。
老獣医 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)