“乱闘”の読み方と例文
読み方割合
らんとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この上乱闘をしてみたって、あの怪物には到底歯が立たないことをったからでしょう。
崩れる鬼影 (新字新仮名) / 海野十三(著)
空にっては雲にかくれた。——やがて、そのすばらしい雄姿をのあたりに見せてきたと思うと、伊那丸と五人の男の乱闘のなかを、さっと二、三ど、地をかすってけりまわった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
夜露の野を蹴って乱闘は朝に及ぶ。源助町の勢は驚いたろう。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)