“中銭”の読み方と例文
読み方割合
なかせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なお中銭という無意味な金まで取られてい幕をくぐると、中には丁度洗湯位の浴槽に濁った水がっているのだった、わずかに五、六人の見物は黙って暗い電燈の下でその汚水を眺めていた
楢重雑筆 (新字新仮名) / 小出楢重(著)
甘「中銭があるのはい」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
するとどやどやと嵐山見物の一群が押よせ、さアずっとお通りなはれ、奥は千畳敷や、中銭はいらんといいながら、その中でも一番厚かましい老婆が私と私の隣との間の甚だ少しの隙間をねらって