“上級生”の読み方と例文
読み方割合
じょうきゅうせい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このでは、はじめて入学したものには、上級生が、ガランマチカ(文法)をおしえ、やさしいのよみかたとやくしかたをおしえました。
月日がたって、いつしか一は、上級生となりました。は、またりが大好きなので、祭日や、日曜日などには、よくりにかけました。
窓の内と外 (新字新仮名) / 小川未明(著)
居ないのでないもうこっちが三年生なのだが、あの挨拶ってそっと横眼威張っている卑怯上級生が居ないのだ。
或る農学生の日誌 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)