“一稼”の読み方と例文
読み方割合
ひとかせ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わたしは何もこのを目当に、うろついていたのではないのですが、ちょうどそこへ来合わせたのを幸い、一稼ぎする気を起しました。
報恩記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「いや、どうもこうもありゃしねえ、お蘭さん、お前はこいつを持って一足先に行きな、おいらあまた一稼ぎだ」
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
と、占領範囲のくを、既成事実として認めさせ、一稼ぎの後は、として、澄まし込んでいるさの如きは、が蚊を呑んでいているような横着さである。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)