“一毛”の読み方と例文
読み方割合
いちもう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黙れ黙れ、先祖以来、公儀の眼をめて貯えた金銀がるほどあるくせに、三千両は九牛一毛
大菩薩峠:08 白根山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
ところどころに、大嘘をさえ、まぜている。けれども、大体は、あの入江の家庭の姿を、写したものだ。一毛に於いて差異はあっても、九牛に於いては、リアルであるというわけなのだ。
ろまん灯籠 (新字新仮名) / 太宰治(著)
のかかることは、ただ九牛一毛に過ぎず候。凱旋門は申すまでもなく、一廓数百金を以て建られ候。あたかも記念碑の正面にむかひあひたるが見え候。またそのに、これこそ見物に候へ。
凱旋祭 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)