“一掛”の読み方と例文
読み方割合
ひとかけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ですから、病院へ入ったあとで、針箱の抽斗にも、畳紙の中にも、になった千代紙一枚もなく……油染みた手柄一掛もなかったんですって。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一掛半襟を買ふとても
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
すぐにお蔦が、新しい半襟を一掛礼に遣って、その晩は市が栄えたが。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)