“一家団欒”の読み方と例文
読み方割合
いっかだんらん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女が云い知れぬ孤独感に心をしめつけられるような気のしていたのは、一家団欒のもなか、母や夫たちのであった。
菜穂子 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)