“一厘”の読み方と例文
読み方割合
いちりん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私達はどんなにそのめにえたでせう!その頃の風潮からは、たゞ破壞をのみ會得して、建設については一部一厘だにもぶことが出來なかつたのです。
冬を迎へようとして (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
誠に、なんじに告ぐ、一厘も残りなく償わずば、其処を出づることわじ。(マタイ五の二十五、六。)これあ、おれにも、もういちど地獄が来るのかな? と、ふと思う。
(新字新仮名) / 太宰治(著)
合点ならねば、是是御亭主、勘違い致さるゝな、お辰様をいとしいとこそ思いたれ女房に為様なぞとは一厘も思わず、忍びかねて難義をたるの事、旅の者に女房授けられてはだ迷惑。
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)