“リフレイン”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
畳句40.0%
反覆20.0%
繰り返し20.0%
繰返し20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(しかし、彼の山々は——)、いきなり、畳句リフレインが記憶の底から浮み出て、その後にとびついた。
伸子 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
………………………………………意味のない畳句リフレインが、ひるがへり、巻きかへつた。
鳥獣剥製所:一報告書 (新字旧仮名) / 富永太郎(著)
一つのハーモニイはおのずからその中に次のハーモニイへの可能をふくんでいるから、或ところでの楽しい反覆リフレイン、あるところでの心ゆくばかりのテーマの展開と、時を経るまま日をふるままに益〻味いつきず。
次が踏歌とうか(あるいは女漢躍歌とうか)百二十人、これは女が二組に分かれて歌いながら踊るのであろうが、『釈日本紀』の引用した説によると歌曲の終わりに「万年阿良礼よろずとせアラレ」という「繰り返しリフレイン」がつくので、たぶん藤原時代以前から俗にこの踊りを阿良礼走りと言った。
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
あのときのオリムピック応援歌おうえんかげよ日の丸、緑の風に、ひびけ君が代、黒潮越えて)その繰返しリフレインで、(光りだ、はえだ)と歌うべきところを、みんなは、禿はげさんとかげで呼んでいる黒井コオチャアへのあてこすりから、(光りだ、禿だ)と歌うのです。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)