“りしょう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
利生72.7%
俚称9.1%
吏章9.1%
狸将9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこを助ける、生きながら畜生道に落ちる処を救いたまわる、現当利益りやく、罰利生りしょう、弘法様はあらたかやぞ。
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
利生りしょう相見あいみえ豊年なれば、愈〻いよいよその瑞気ずいきを慕ひて懈怠けたい無く祭りきたり候。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
の松村の村はずれ、九本松くほんまつという俚称りしょうは辛く残りながら、樹々は老いからせかじけてまさよわい尽きんとし
雪たたき (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
見ると、役人であろう、胸に県の吏章りしょうをつけている。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
また、田川村には狸将りしょうの怪がある。
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)