“ぼんのう”の漢字の書き方と例文
語句割合
煩悩100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
煩悩の火は鉄もかす。ましてや以前は糸屋の若旦那とか。出家沙門となったのも、は女からで、色の道と借金づまりの世間れ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
寺院の人々は禁欲生活を過重し勝ちでとかく所謂煩悩に即した生活の中にも道徳律や悟脱の力のあることを忘れている様です。
其夜の夢に逢瀬平常より嬉しく、胸ありケの口説に、恋ざりし珠運を煩悩深水へ導きし笑窪憎しと云えば、可愛がられて喜ぶは浅し
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)