“へそ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヘソ
語句割合
99.5%
綜麻0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
錢形平次の家の格子戸へ、身體ごと拳骨を叩き付けて、おのあたりが破けでもしたやうな、變な聲を出してわめき散らすのです。
この女は、腹をぐるりと一巻きにして、のところに朱い舌を出した蛇の文身をしていた。私は九州で初めてこんない女を見た。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
越後の紵商人かの国々にいたりてをもとめて国にる、を此国にてもそといふは古言也。を古言にそといひしは綜麻のるゐ也。字義はおなじくべきの糸をいふ也。