“へそ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヘソ
語句割合
99.5%
綜麻0.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
元来我々同族間では目刺めざしの頭でもぼらへそでも一番先に見付けたものがこれを食う権利があるものとなっている。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ここで無理に起して、へそまがりの博士に又えらく臍をまげられては特使の目的を達することは出来ないと、苦しい我慢を張る。
あさを古言にそといひしは綜麻へそのるゐ也。