“ひんる”の漢字の書き方と例文
語句割合
貧窶100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
香亭かうてい雅談に拠るに、冬嶺は山本北山の門人で、奚疑塾けいぎじゆくにあつた頃は貧窶ひんる甚しかつた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
錦を故郷に飾つたためしはいくらも眼の前にころがつて居るから、志を故郷に得ぬものや、貧窶ひんるきやう沈淪ちんりんしてうにもうにもならぬ者や
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)