“はいりぐち”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
入口50.0%
這入口50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つて衆人ひとに立たぬければ不可いかぬから、入口はいりぐち横町よこちやう
世辞屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
や、梅岡さんの方がさきへ行ったそうでがす。あの石段の上の床几しょうぎ入口はいりぐちのね、あすこだ。毛氈もうせんを敷いて出してあるのに腰をかけて、待合わしていたんでがすな。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
是から丈助が供をして上矢切、中矢切、下矢切と段々山を下りてまいりますると、這入口はいりぐちの榎の有る家を見て
門の締りは厳重になっておりまするなれども、家へはちこうござります、何処どこほかから這入口はいりぐちはなかろうかと横手に廻って見ても外に入口いりくちはない様子
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)