“なかんずく”の漢字の書き方と例文
語句割合
就中100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
就中、木村摂津守の名は今なお米国において記録に存し、また古老記憶するにして、我海軍の歴史に堙没すべからざるものなり。
儒者または国学者には安積艮斎小島成斎岡本况斎海保漁村、医家には多紀本末両家、就中茝庭、伊沢蘭軒の長子榛軒がいる。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
襄陽の名士はみな往来しております。就中、襄陽の龐徳公龐統子などは特別親しくして、よくあれなる林の中に訪うて参ります」
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)