“安積艮斎”の読み方と例文
読み方割合
あさかごんさい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
儒者または国学者には安積艮斎小島成斎岡本况斎海保漁村、医家には多紀本末両家、就中茝庭、伊沢蘭軒の長子榛軒がいる。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
坂井虎山の厩戸論)また、他の漢学者は、「ああこれ、一暗弱の太子のみ。」と論じている。(安積艮斎の厩戸論)
初め抽斎は西洋で、攘夷に耳をけかねぬ人であったが、前にいったとおりに、安積艮斎の書を読んで悟る所があった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)