“とちゅう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
途中97.7%
杜仲0.8%
蠹虫0.8%
途事0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ぼくは学校から帰る途中たびたびカムパネルラのうちに寄った。カムパネルラのうちにはアルコールラムプで走る汽車があったんだ。
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
管から吹き出している香水の中に、馬牙硝大腹子杜仲などの、同じく××的香料が、まぜられてあったということを。
血ぬられた懐刀 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
然れども、これ国を誤まるの蠹虫なり(拍手、喝采)。諸君はその宋儒の学問が支那と我の元気を遅鈍にし、為めに一国の衰弊を致せしを知るならん。
祝東京専門学校之開校 (新字新仮名) / 小野梓(著)
投出すと、る見るに、また四辺が明るくなったので、私も思わず、笑いながら、再び歩出して、無事に家に帰ったが、何しろ、塩鰹を、そんな一時に食ったので、途事いて仕方がない
狸問答 (新字新仮名) / 鈴木鼓村(著)