“つちぐら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
土倉50.0%
土窖33.3%
土蔵16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
道誉の影は、荒れ庭のすみに見える低い土倉の口へ呑まれるように消えていた。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
冬あたゝかく夏涼しき土窖の中に、地獄天堂を超えたる不可思議の月日を送り行くに怪しむ可し、一年の月日もめぐらさぬうちに、何時となく気力衰へ来る心地しつ。
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)
右馬介はその日から、下屋に冬中の住居を与えられた。そして、城内の土蔵にある武具を、本間三郎が奉行となって、家来をしては、取り出すのである。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)