“ぢやうごふ”の漢字の書き方と例文
語句割合
定業100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
よろひを通し腹を刺す——女の篠懸すゞかけ始終しじゆう東をばかり氣にしてゐて定業ぢやうごふ瞑想めいさうする、さうして胚種はいしゆの通りすがりに、おまへは之を髮に受けとめる
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
定業ぢやうごふのわが行末もしらま弓、
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)