“ちょうざ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
長座75.0%
稠座25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すなわち今の事態を維持いじして、門閥の妄想もうそうを払い、上士は下士に対してあたかも格式りきみの長座ちょうざさず
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
早朝から長座ちょうざして、午飯まで御馳走になっては相済まないと、わたしは慌てて巻煙草の袋を袂へ押し込んで、帰り支度に取りかかろうとするのを、老人は手をあげて制した。
半七捕物帳:50 正雪の絵馬 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
特に、衆人稠座ちょうざの中に出ると、ただちつらの批評をされる。
ソクラテス (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)