“ちゃわん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
茶碗87.1%
茶椀7.8%
茶盌5.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
津田君がこうった時、ははち切れて膝頭の出そうなズボンの上で、相馬焼茶碗糸底を三本指でぐるぐる廻しながら考えた。
琴のそら音 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
茶椀からまで自分々々の布巾で綺麗に拭くことも——すべて、この炉辺の光景は達雄の正座に着いた頃と変らなかった。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
数など考えて買ったことはないからである。よく世間には「茶盌を百個集める」などと力んでいる蒐集家があるが、私には愚かに見えてならぬ。数で集めて何になるのかと思う。
民芸四十年 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)