“ちぢみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
94.1%
縮布5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ぢき近くの、仲買商人の子の新太郎ちやんである。新太郎ちやんは家が貧しかつたので、立派な紙鳶は持つてゐなかつた。
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
太物屋の番頭からは一たん、魚屋の売り子からは鮭一尾、そうして金物屋の手代からは、所帯でも持とうという時に、鍋と釜とを一対ね……
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
汗じみて色の変わった縮布の洋服を着て脚絆もあせ草鞋もぼろぼろしている。都からの落人でなければこんなをしてはいない。すなわち上田豊吉である。
河霧 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)