“太物屋”の読み方と例文
読み方割合
ふとものや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
太物屋の番頭からは一たん、魚屋の売り子からは鮭一尾、そうして金物屋の手代からは、所帯でも持とうという時に、鍋と釜とを一対ね……
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「まア、物のへで、——その女の子に惚れた野郎といふのは、——日本橋の呉服町に井筒屋といふ老舖太物屋のあることは親分も御存じですね」
「そう緋縮緬がこわくては、太物屋の前は通れないぜ」
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)