“すもも”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
93.2%
4.5%
杏桃2.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
爾来じらい庭は春になると、見慣れた松や柳の間に、桃だのあんずだのすももだの、雑色の花を盛るやうになつた。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
園生は、一重の垣を隔てて、畑造りたる裏町の明地あきちに接し、すももの木、ぐみの木、柿の木など、五六本の樹立こだちあり。
化銀杏 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ベソを掻き掻き、鄆哥はそこら中にころがり出した梨やすももを籠へ拾いあつめ、あとも見ずに、その日はついに逃げ出してしまった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
雪梨なしを買ってもらいに来たんだよ。——今日はいいすもももあるしさ」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
熱血僧ねっけつそう忍剣にんけんは、だんだんと聞いてゆくうちに、その耳朶じだ杏桃すもものように赤くしてきた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)