“しんぺんふしぎ”の漢字の書き方と例文
語句割合
神変不思議100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「このごろ己の頭はどうかしているのか。それとも、悪人が神変不思議の妖術でも心得ているのか。一体どっちが本当なんだ」
一寸法師 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
からいつとなく感得したものとえて、仔細あつて、白痴せてつてからは神変不思議るにふて神通自在ぢや、はじめはつけたのが、ばかりとなり
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)