“しろつむぎ”の漢字の書き方と例文
語句割合
白紬100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
成程銘仙だの御召だの、白紬だのが其所一面らしてあつた。宗助形裝言葉遣可笑しいに、立派品物脊中せて歩行のを不思議つた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
なるほど銘仙だの御召だの、白紬だのがそこら一面に取り散らしてあった。宗助はこの男の形装言葉遣のおかしい割に、立派な品物を背中へ乗せて歩行くのをむしろ不思議に思った。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)