“しよくわいぼ”の漢字の書き方と例文
語句割合
初會惚100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
父親合點母親承知で、向島花見りが夜櫻見物つて、おいらんが、初會惚れ、と寸法るのであるが、耕地二十石百姓次男ではうはかない。
一席話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
初會惚れして、わしや恥かしや」と低い調子で歌ひながら這入つて來た。
泡鳴五部作:03 放浪 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)